洗濯漕は常にきれいに、清潔に! ~縦型全自動洗濯機編~

最先ほど少しご紹介しました市販の洗濯槽クリーナーは、汚れやカビを受かせるために時間を要します。

ですから今日は用事などで洗濯物を回さないという日がいいでしょう。また、夜寝る前にお風呂の残り湯を使って使用を開始し、寝ている間にきちっと洗浄するという方法もおすすめです。私はいつも後者です。

洗濯槽を簡単にきれいにする方法 ~縦型自動洗濯機編~

お風呂の残り湯を使います。もしもなければ、40度くらいのお湯を用意してください。お水でも構いませんが、お湯を使う方が、より洗浄力がアップするのでおすすめです。

洗濯ネットを取り外し、別途、洗剤水の中につけ置きしておきます。洗濯槽に塩素系洗剤または酸素系洗剤を投入します。そして、洗濯機の高水位まで水をはり、洗うコースのみの運転をします。

5分ほど運転したら、その後は数時間から一晩ほど放置してください。決して排水はしないように、気を付けてください洗剤を入れて洗濯機を回す際、洗濯槽の汚れがひどいと泡が大量に発生してしまう場合があります。そのような時は、泡をすくい取るようにしてください。

つけ置きをして汚れやカビを浮き上がらせたら、その状態のまま、もう1度洗うコースのみの運転を行ないます。次に、ネットを元に戻してから、すすぎ、そして脱水と通常通りの運転を続けます。

最後に洗濯機の中にあるゴミなどを取り、ゆすぎの意味で洗いから脱水まで運転させれば完了です。汚れが気にならなくなるまで、念入りに行なうようにしてください。この作業が中途半端であれば、洗濯した衣類にごみが付着してしまいます。

できれば「布団・毛布洗いモード」で!

洗濯に「布団・毛布洗いモード」という起毛が搭載されている場合は、洗うコースよりもこちらを使って洗濯機を回すようにしてください。実は、洗うコースでは、水流から推測するほど洗濯槽の回転がなく、あまり洗濯槽のカビを効率よく動かして取ることができていないのです。

この「布団・毛布洗いモード」で洗濯機を動かすと、水流は非常に弱いのですが、洗濯槽の内槽と外槽の間で水がうまく巡回し、洗い残ってしまうカビの量を最小限に抑えることが可能なのです。この機能が付いている場合は、ぜひ活用しましょう!

便利な機能を搭載している洗濯機も!

洗濯機の中には、槽洗浄モードという機能を搭載している洗濯機もあります。これは、洗濯槽のカビを除去した後、乾燥まで行なうという機能で、より簡単に洗濯槽の掃除ができる便利なものです。

先ほど紹介した「布団・毛布洗いモード」と同じく効率よく洗濯槽の掃除ができます。洗濯槽の汚れが気になる方は、この機能が搭載しているかどうかを基準に洗濯機を選んでもいいでしょう。

コメントを残す

このページの先頭へ