家の中で1番汚れている場所、お風呂の壁や浴槽の大掃除

お風呂は毎日汚れた身体をきれいにするところでもあり、1日の疲れを癒してリラックスできる空間でもあります。そのため、きれいに保っておきたい場所であることは言うまでもありません。

お風呂場の小物を簡単にきれいにする方法

洗面器やイス、リラックスグッズや容器類など、お風呂場にはたくさんの物が並んでいると思います。中にはしばらく使っていないなんていうものもあるかもしれませんが、良く室内にあるというだけで汚れているものなのです。

そこで、これらの小物をすべて浴槽に浸け、きれいに漂白します。できればお風呂を上がった後のまだ温かいお湯を使うと、よりきれいになります。寝る前に浸けておき、翌朝まで置いておいても問題ありません。残り湯の活用にもなり、経済的です。

お風呂場の天井と壁、床をきれいにする方法

お風呂場の天井、壁や床に発生したカビは少々厄介です。ですが、便利な掃除道具やいつものパック方法のやり方で充分きれいにすることができます。

天井は手が届きにくいので、リビングの掃除の際にも大活躍したクイックルワイパーを使って掃除します。これなら背が低い人でも天井や高いところの壁の水分や汚れを拭き取ることができます。洗剤やアルコールを吹きかけて掃除すると除菌することもできるため、お風呂を清潔に保てます。

手が届く場所の壁や床は、気になる部分に塩素系の洗剤を吹きかけ、その上にキッチンペーパーを敷きます。まんべんなく液を浸透させるためです。そして、その上からさらにサランラップをかけ、密着させます。塩素系の洗剤は乾燥しやすい性質があるため、ラップで密閉することで乾燥を防ぐことができるのです。これを私はパック方法お掃除と呼んでいます。

お風呂場の場合、汚れを浮かすのではなく、カビの根を断つ方法となります。ですので、できれば半日は放置することをおすすめします。また、こうした塩素系の洗剤を使う際は換気扇は回さずにお風呂場の窓をあけて行なうようにしましょう。換気扇を回すと、カビの細かい胞子が風呂場中に広がってしまうからです。

浴槽や蛇口を簡単にきれいにする方法

この部分は人の手に触れる機会が多いため、カビの汚れや水垢ももちろんありますが、皮脂汚れが目立つ場所でもあります。こちらもクエン酸水を使ったパック方法で気になる部分の汚れを浮かせ、きれいにします。

できれば風呂釜の掃除も同時に行ないたいところです。ドラッグストアやスーパーなどで専用の酸素系漂白剤が販売されていますので、それを使うのが1番簡単です。風呂釜だけでなく、浴槽やお風呂場の小物類も同時につけ置き洗いすることができます。ただし、お風呂の形状によって使用方法が変わってきますので、よく注意して購入するようにしてください。

私はいつも、最後に紹介した酸素系漂白剤と使って、お風呂の物をすべて浴槽に丸1日ほどつけて掃除します。もしも1日で掃除を行なうことが難しければ数日に分けて行なってもいいのですから、できるところからやりましょう。

少しずつきれいになっていくお風呂場を見ていると、大掃除が楽しくなってくるはずです。

コメントを残す

このページの先頭へ