人の手が触れない日はないリビングの家電製品や家具の大掃除

掃除は、上から下へ、そして奥からドアのある方へ、この2点が基本となります。ですから、まずは家電製品や窓、カーテンから掃除を始めていきましょう。ずぼらな私でもできる方法なので、あなたでも大丈夫です!

家電製品を簡単に掃除する方法

まず、マイクロファーバークロスや掃除機などを使って、テレビやデスクトップパソコンなどの家電製品に付いたホコリを取ります。ホコリがかなり溜まってしまっている場合はマイクロファイバークロスを使うと洗うのが面倒なので、フローリングワイパーのシートかティッシュを使いましょう。少しでも手間は省きたいですからね。

そしてこの後が大掃除のコツです。ここで、柔軟剤を使います。家電製品にホコリが付く原因は静電気です。ですので、静電気防止効果のある柔軟剤を使うだけで、ホコリを寄せ付けない状態にすることができるのです。

手順はとても簡単で、静電気防止の効果があると書かれた柔軟剤を用意し、水で5倍程度に薄め、いらなくなった布でもなんでもいいので数分漬けておきます。漬けすぎたからといって気にすることありませんので、テレビ周りのホコリを取る前にこの作業をしておいてもOKです。

そして5分程度、乾かしておきます。こうすることで適度に乾き、柔軟剤の効果が発揮できやすくなります。このまま、気になる家電製品を拭くだけ、たったこれだけです。これで静電気は防止され、驚くほどにホコリは無くなると思います。

もしも柔軟剤が手元にな場合や、静電気防止効果ありと表示されていないといった場合、わざわざホコリのために新たに柔軟剤を買う必要はありません。リンスでも代用が可能です。なお、リンスの場合も同じ手順でOKですので、簡単にきれいにすることができ、しかも、このきれいが長続きします。

家具を簡単に掃除する方法

木製の家具は水拭きをすると変形やひび割れを起こしてしまう恐れがあるので、必ず乾拭きか固く絞った雑巾などでお掃除するようにします。ソファーは、さらに簡単!重曹を振りかけ、しばらく置きます。この間、お仕事やお出かけに行っていても、他の掃除をしていてもOKです。数時間から半日ほど置いた後掃除機をかけるだけです。これで、ホコリはもちろん臭いやダニまで一気に掃除することができます。

忘れがちなのが観葉植物です。観葉植物の葉にもホコリは溜まります。私はあまり風水を信じているわけではありませんが、観葉植物というのは、その家の悪いものを吸い取ってくれるという役割があるそうです。良いパワーを分けてもらうためにも、そして見た目にもきれいにしておきたいものです。

観葉植物の葉をきれいにする場合、ビールや牛乳が残っていれば、雑巾などに含ませて拭くことでホコリが取れます。もし雑巾に臭いがつくなどの抵抗がある人は、万能洗剤である重曹をおすすめします。重曹大さじ1杯に水1リットルの割合で重曹液を作り、観葉植物に吹きかけ、ティッシュや雑巾などで拭き取るだけです。たったこれだけで、水拭き以上のツヤがでます。この重曹液は観葉植物以外にもお使いいただけますので、おすすめです。

この機会にリビングを掃除しやすい環境にする

リビングを大掃除してみると、思った以上に家具を移動させたというあなたにおすすめの方法です。「意外にも家具を移動させたと感じた」ということは、それだけ普段はあまり家具を移動させて掃除できていないということであり、つまりリビングの家具は掃除しにくい配置になっているということです。

そこで、この大掃除をきっかけに、ほんの少しだけ家具の配置を変えてみましょう。家具を、数センチ程度のフローリングワイパーや掃除機のヘッドが入るくらい前に移動させるのです。これで、掃除のたびに家具を移動させる必要もなく、掃除することが少しラクに思えるようになったと思います。

この空間はこのままではもったいないので、掃除用具を置いたり、踏み台などの頻繁には使わないけれど必要なものを置いたりして、有効活用することもお忘れなく。毎日の掃除のことを考えて大掃除することも、とても大切なことです。

コメントを残す

このページの先頭へ