お客様や家族を気持ち良く迎えよう、玄関の大掃除

玄関はお客様が1番先に足を踏み入れる場所であり、家族を毎日見送りする家族にとって大切な空間でもあります。家族が帰宅した際にホッとできるよう、常にきれいに保っておきたいものです。幸せはきれいな玄関が呼び寄せるという考え方もあるくらいです。

リビングの掃除の際に、上から下へ、奥から手前へという順番で掃除を進めることが基本であることはお伝えした通りです。これは玄関の大掃除でももちろん当てはまります。ですので、最初はドアなどの上から始め、靴箱などの収納をしてからタタキの掃除へ移ります。

玄関の掃除は明るいうちに始めることと、晴れた日に行なうということが大切です。できれば朝1番にお掃除に取り掛かると効率よく掃除が進み、風通しがいいのでタタキも短時間でしっかり乾燥させます。

靴箱を簡単に掃除する方法

掃除用具の準備の記事でご紹介したミニほうきとミニちりとりのセットを使って、靴箱の中をきれいにします。可能であれば、最後にエタノールなどで吹き上げ、除菌しておきます。しばらくは靴を戻さずにドアを開けっ放しにして換気します。

ドアを簡単に掃除する方法

主に砂埃で汚れている玄関ドアには、つい洗剤を使用する必要はありません。重曹水に浸けた雑巾で拭き取るだけで充分です。ただ、濡れ雑巾で拭く前に、ミニほうきなどを使ってドアの砂を落としてからでないと、砂と水が混ざって余計に汚く見えてしまうことになりますので、順番には注意が必要です。

最後に乾拭きでドアを拭いて、跡形が残らないようにすることも大事です。特にドアの外側は家の顔とも言えますので、気合を入れてきれいにしましょう。

タタキを簡単に掃除する方法

新聞紙を細かくちぎり、水で湿らせたものをタタキにまいてからほうきでホコリを集めると、とても簡単に掃除することができます。しかし、玄関に砂やホコリが多くある場合は、まずは掃除機を当ててある程度きれいにすると簡単に掃除が行なえます。

掃除機と新聞紙の2つの方法で砂やホコリを取り除くことができたら、次はタタキの汚れを落とします。タタキをきれいにする際に使うのは、雑巾でも使い古したタオルでもいいのですが、履かなくなったジーンズの切れ端がおすすめです。デニム生地の素材の硬さが、叩きの凹凸の汚れをしっかりと磨き落としてくれます。

玄関で掃除機を使用することに抵抗がある場合

玄関は土足で入る場所であり、家の中ほど清潔ではないというイメージがあると思います。ですから、部屋の掃除をする時に使用する掃除機を、そのまま玄関でも同じように使うということに抵抗を感じる方もいらっしゃることと思います。掃除機を書けると便利で楽だけど、汚れるのはちょっと・・・という場合、おすすめの方法があります。

掃除機の床用ノズルを取り外し、代わりにトイレットペーパーの芯を差し込みます。この時、トイレットペーパーの芯を斜めに切ることで、より細かなホコリを吸いやすくなります。これなら掃除機が汚れることもなく、芯は汚れたら捨ててしまえばいいので楽にお掃除ができます。

コメントを残す

このページの先頭へ