こんなにある!日常生活でできる大掃除!

「普段の生活で大掃除ができるの!?」と思った方も多いと思います。実は、普段の生活でする何気ない行動が、大掃除をぐっとラクにすることにつながるのです。確かに少し大げさには言いましたが、決して間違ってはいません。日頃からできることは、こんなにもたくさんあるのです。

汚れたら、すぐにその場で掃除をする

当たり前と言えば当たり前のことなのですが、掃除が苦手な人にできていないことがほとんどです。忙しさで「まとめて掃除しよう」と後回しにしてしまうことも。何かをこぼしてしまった直後なら、すぐの方が拭き取りやすく手間がかかりません。手間がかかるから掃除が嫌いになってしまうのです。

夜の時間帯でも掃除はできる!

真夜中に掃除機をかけることは避けたいですね。でも、掃除機がなくても掃除はできます。ほうきとチリトリ、マイクロファイバーにはたき、こういったお掃除グッズを使えば真夜中でもお掃除が可能です。音を出さないので、電話中に片手で掃除することもできます。

掃除用具はなおさない

整理整頓は大事なのですが、掃除機やモップなどは敢えてお部屋の手の届くところに置いておくこともおすすめです。何か物をこぼしてしまった時はもちろんのこと、すきま時間や、ちょっと気が向いた時などにすぐに掃除をスタートできるからです。お部屋に合ったおしゃれな掃除グッズを選ぶのも楽しいですよ。

ラクして汚れを落とせる洗剤や掃除グッズをフル活用!

掃除は面倒くさいもの、時間がかかるもの、そう思ってしまっていませんか?それは、便利な洗剤や掃除グッズをまだ使っていないからかもしれません。プロ仕様の洗剤は驚くほどに汚れを浮かせ、おもしろいほどにキレイになるので掃除が楽しくなります。また、便利な掃除グッズは掃除がとてもラクになります。可愛いものを購入するのもいいですよ!1度お試しください。

ゴミ袋を持っておうちを散歩してみる

これは私が毎月数回は実践していることなのですが、タイトル通り、ゴミ袋を持ちながらおうちを歩き回るのです。そして、捨てられる物探しをします。家族が捨て忘れたゴミを見つけたら袋へポン!ペットが遊んでぐちゃぐちゃになった広告もポイ!と、こんな具合です。

するとだんだん「いつか使うと思っていたこの箱も捨てようかな」「先週もこの服、捨てようか迷ったなあ」など、いろんなところでゴミ候補を見つけ、処分を前向きに検討できるようになるのです。本当は捨てたくないのに、無理に捨てるという必要はありません。ただ、だんだん袋にごみが溜まっていくのが楽しくなって、迷う時間が短くなっていくから不思議です。

これは少し前に流行った「断捨離」の考えを知っているとより簡単に行なうことができると思います。捨てたいものがたくさんあって迷っておられる方は、「断捨離」についてちょっと知識を深めてみてください。本当に気分がスッキリしますよ!

どれも、わざわざ「今から〇時間は掃除をするぞ!」なんて思わなくてもいいものばかりですし、気が向かなくなってしまったり、子どもが泣いてしまったなど急なトラブルが入ればすぐに止めることのできるものばかりです。気軽に取り組んでみてはいかがでしょう

コメントを残す

このページの先頭へ