ギトギト頑固な汚れがすごい、換気扇大掃除

リビングの大掃除が終わったら、「主婦の城」とも言われているキッチンを大掃除しましょう。食べ物を扱う場所だから普段からきれいにしている方も多いと思いますが、私はずぼらなものですから、行き届いていないところがいっぱいあるんです。

日ごろからお掃除してるわって方も、大掃除にまとめてやろうと思っていたという方も、リビング同様簡単、大掃除できれいなおうちにしていきましょう。

1番厄介な換気扇を簡単にきれいにする方法

なぜ1番大変な換気扇を最初に掃除するか、ちゃんと理由があるんです。換気扇は、やみくもに擦り洗いするよりも、少し熱めのお湯につけて汚れを浮かした方が効果的。ですので、1番最初に換気扇をお湯につけておくところまで完了させておき、汚れが浮いてくる待ち時間の間に他の場所の掃除をします。

また、つけておく場所としてシンクを使用しますので(大きな漬け置きができる桶のようなものがあれば、それを活用することもできます)、シンクをきれいにする前に漬け置きを終わらせておきたいからです。

まず始めに、説明書などで確認ながら、取り外しが可能な部品を外します。高い場所での作業になりますので、足元はくれぐれもお気をつけください。外すことができたら、ボロ布やキッチンペーパーなどで、できるだけ油汚れをふき取りきれいにします。新聞紙の上などに置き、上からまんべんなく重曹を振りかけ、これで第1ステップが終了です。

換気扇の部品を漬け置きする

第2ステップは、先ほどお話した漬け置き作業です。ごみ袋をできれば2枚用意し、その中にある程度きれいにした換気扇を入れます。そして、50度ほどのお湯をはり、食器洗剤と重曹を投入します。ケチらずに多い目に入れてください。その後、蒸気がもれないように、ゴミ袋の口を輪ゴムなどでとめます。

このまま1時間からできれば数時間、様子を見ながら漬け置きします。汚れがひどい場合は、この作業を繰り返す必要もあります。お湯が冷めてしまうと、油が浮き出る効果も落ちてしまいますので、汚れがまだ落ちきれていないと感じるようであれば、お湯の入れ替えを行ない、再度漬け置きをしましょう。

漬け置きの様子を見ながら、他のキッチンの大掃除をすることができますので、この場所を掃除したら換気扇の様子を見てみよう、などと目安にするのがいいでしょう。

取り出して、落ちきれなかった汚れを落とす

部品を外した後に重曹をふりかけ、さらに漬け置きをしたことで、かなり汚れは取れていると思われます。第3ステップとして、食器洗剤と使わなくなったスポンジや歯ブラシで軽くこするだけできれいになればこれで終了となります。

しかし、まだ汚れが残っている場合、もう1ステップの掃除をする必要があります。驚くほどきれいになりますので、おもしろいですよ。面倒だと思わずに、1度楽しむ感覚で取り掛かってみてください

番外編、第4ステップ

第4ステップも手間のかからない方法をご紹介します。このステップで活躍するのが、炭酸ソーダです、薬局で購入することができます。これで数十年間も掃除していなかった換気扇がきれいになったという口コミもありますから、ぜひお試しください。危険なものではないので、ご安心を。

それは「洗剤パック法」です。キッチンペーパーやティッシュペーパーを汚れの上に載せます。その上に、濃い目に水で溶かした炭酸ソーダを吹きかけます。そして、まさにパックする形でしばらくそのまま張り付いた状態にしておきます。今回もまた、置いておくだけで、汚れが浮き上がってくるはずです。

あとは、乾燥させて元通りに部品を戻すだけで完璧です。1番厄介な換気扇の掃除が済めば、気持ちもかなり楽ですね。その勢いで、他の個所の掃除も引き続き行なっていきましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ