お風呂場の鏡と排水溝の大掃除&とっておきのワザをご紹介

お風呂掃除で1番手間がかかるのは壁と床のカビとりではないでしょうか。少しずつパック方法できれいにしつつ、他の場所の掃除も並行して行なっていきましょう。

浴槽の鏡を簡単にきれいにする方法

鏡は自分の顔を映し出すものですから、きれいにしておきましょう。口コミで人気を集めている「ダイヤモンドパット」という商品があります。磨く際にもほぼ力はいらず、簡単に水垢を取り除くことができる優れものです。ただ、水けが足りないと表面を傷つけてしまうおそれがあるため、シャワーの水などをかけながら掃除を行なう必要があります。

同じシリーズの製品として「浴槽・タイル用」もあり、こちらも衝撃が走るほどの仕上がりで注目を集めていますので要チェックです。

排水溝を簡単にきれいにする方法

排水溝は髪の毛が絡まり、そこに汚れがついてヌルヌルし、汚い状態になりやすい場所です。排水溝の部品をすべて取り外し、中まできれいにすることが大切です。排水溝の部品についている髪の毛や汚れをさっと拭き取り、お風呂用洗剤や重曹をつけてスポンジできれいに磨きます。

次は、排水溝の中もきれいにして仕上げましょう。重曹とクエン酸を同じ分量くらい振り入れ、そこにお風呂に浸かる時の温度と同じくらいのお湯を流し入れます。すると、重曹とクエン酸が反応を起こして泡が出てきますので、そのまま30分から1時間ほど放置して汚れを浮かせます。

最後に再びお湯をかけて汚れを洗い流せば完了です。カビには熱湯が効果的なようにも思えますが、排水管が傷まないよう、熱湯を使用するのは避けてください

どうしてもパック方法ができない部分を簡単にきれいにする方法

蛇口や排水溝、タオルかけの金具など、お風呂の大掃除には細かい部分の掃除が欠かせません。いつものパック方法で汚れを浮かしたり、カビを根こそぎ取り除いたりすることができるといいのですが、場所によってはキッチンペーパーなどが張りにくい場所もあるかと思います。

そんな時に代わりに活躍してくれるのが片栗粉です。付着させたい洗剤に片栗粉を加え、混ぜます。そして、それを汚れやカビが気になる部分に塗りつける感覚で上にのせます。上からサランラップで密着させ、乾燥をできるだけ防いだら時間をおいて効果がでるのを待つだけです。

これらのやり方はどれも簡単で、こうして文章で書いた方が難しく感じてしまうほどです。ずぼらな私でもできる掃除方法なので、ぜひ1度、お試しください。毎日の入浴が楽しみになりますよ。

コメントを残す

このページの先頭へ