大掃除へのモチベーションを上げる、とっておきの方法

「週末は大掃除をするぞ!」そう決めても、いざ始めようと思うとやる気が起こらないという場合もあるかと思います。そんな時、どうやってモチベーションをあげたらいいか、ちょっとした工夫をいくつかご紹介しましょう。

あまり欲張らない

一気に隅々まできれいにする!と考えず、とりあえずできることから始めてみようという気持ちでスタートしてみましょう。人の脳というのはおもしろいもので、行動を起こしているうちにやる気がでてくる仕組みになっています。ですから、多少無理をしてもとにかく身体を動かしてみるということが大事なのです。

まずは、キッチンの引き出し1つから、階段から、トイレだけは!など、狭いところからスタートをして、掃除をすることできれいになっていく状態を実感してみましょう。達成感が得られればやる気も起こりやすくなります。

それでもどうしても気分が乗らない時もあります。そういった時、私が使う方法をお話しましょう。それは、タイマー掃除です。キッチンタイマーを使います。2分でも3分でも、「これだけは掃除を頑張る!」と決めた時間をセットします。そして、その時間だけは掃除に取り掛かります。音楽を聴きながらでも構いません。タイマーが鳴ったら掃除を止めます。次に同じ時間再びセットして、休憩します。テレビを見ても寝転んでも構いません。タイマーが鳴ったら掃除をします。

だんだん「もう少し一気に終わらせてしまいたいから、掃除の時間を延ばそうかな」と思えてきたら、脳のエンジンがかかってきた証拠です。いつの間にかタイマーのことも忘れて掃除に没頭してしまっているはずです。

曜日と時間ごとに掃除する場所を決めておく

私はこの方法が合っているようです。学校の時間割のように、何曜日の何時から何時までの間はキッチンを掃除して、何時から何時までの間はリビングを掃除しましょうと、あらかじめ掃除の時間と場所を自分の中で決めておくのです。

時間通りにうまく掃除ができたらお菓子を食べよう、録画しておいたドラマを観ようなど、ちょっとした楽しみがあると前向きになれそうですね。

掃除の様子を周りの人に報告する

できれば、掃除前と掃除後を見てもらえるとベストですが、そんなに何度も友人を自宅に招くことも難しいでしょう。そんな時は、ブログなどを使って公開してみちゃいましょう!掃除前の写真を載せるのは恥ずかしいものですし、抵抗があるかもしれません。そんな時はもちろん匿名でもOKです。

「こんなに汚かったけど、ここまできれいにしました!」と報告し、それに反応がもらえたらやみつきになってしまいますよ。旦那様やお子さまにも書き込みしてもらいましょう。日ごろ面と向かっては聞かせてもらえない感謝の言葉がもらえるかもしれません。

また、既にこうしたブログなどを公開している人のものを読んだり、コメントをしてみたりすることもおすすめです。励まし合いながらお掃除していけたら素敵ですね。

掃除のコツや、掃除についての考え方が書かれた本を読む

どうして掃除をすることが大切なのか、掃除をせずにいるとなぜ良くないのか、どうしたら掃除は簡単にできるのか。そんなことが書かれた本がたくさん販売されています。著者によって考え方が違うため、自分に合った本を探す必要はありますが、考え方が180度変わるくらいの衝撃を受ける本に巡り合える可能性もあります

お掃除好きの芸能人が紹介している掃除方法や掃除グッズもありますので、好きな芸能人の真似をしてみるというのも面白いのではないでしょうか。

固定概念を捨てる

大掃除というと年末に行なわなければいけないような風潮がありますが、この考え方を捨てると大掃除がかなり楽になることに気付いていない人が多いです。我が家は毎年、大掃除はGW中に行ないます。連休なのでまとめて一気に掃除に取り掛かることができるうえ、暖かい時期なので洗ったものもすぐに乾きます。同じく汚れも取れやすい状態なので余計な手間もかからず、掃除が順調に進みます。

また、大掃除は必ずしも隅々まで一気に掃除することだとは限りません。生活スタイルや仕事の忙しさ、体調などを踏まえて必要最低限の個所に絞り込んで掃除をしてもいいのです。大掃除はこうするべきだという考えにとらわれてしまうと、それだけで掃除が苦痛を伴うものになってしまいます。もう少し柔軟に考えてみてはいかがでしょう。

掃除は家族が健康に、そして快適に過ごすために行なうものです。この大事な点を忘れることなく、うまく掃除とお付き合いしていきたいですね。

コメントを残す

このページの先頭へ