ペットがいるご家庭の大掃除

ペットがいるご家庭の大掃除は、ペットの毛や臭いといったことにも気を配らなければいけません。そして、ペットにとって安全なものを使って汚れや臭いを取り除くということも求められます。

ペットにとって安全なものとは?

小さな子どもがいるご家庭の大掃除でもご紹介したような安全なものを使った大掃除を強くおすすめします。どうしても落ちない汚れには酸性やアルカリ性の洗剤を使う必要も出てきますが、しっかりと洗剤を洗い落とした後にペットを部屋に入れるようにしましょう。

また、洗剤で汚れを落とした時に使用した雑巾やタオル、手袋などはよく洗うか処分し、ペットが謝って口に入れてしまうことのないようにしましょう。

ペットがいるご家庭の大掃除の流れ

まずは、ペットの毛をきれいに取ることから始めましょう。普段動かさないケージやカゴなどもすべて移動させ、普段のお掃除では手が行き届いていない細かな部品に入り込んだ汚れもきれいに落とします。耐水性の素材はすべて洗うか水拭きをしてきれいにし、最後はアルコールで除菌します。トイレやおもちゃ、ベッドなど、普段使っているものもよく洗い、日干しにして乾燥させます。

部屋の床のワックスも、万が一なめてしまっても大丈夫なものを選びましょう。とにかくペットは何が危険なのかが分からないのですから、こちらが気をつけてあげる必要があります。中毒を起こさないためにも、念入りにチェックをしてください。

ペットの毛は部屋のいたるところに散乱しています。空気の流れによって天井に付着してしまっている場合もありますので、きれいに落としましょう。そのままでは毛を吸ってしまって不衛生であるだけではなく、ペットのニオイが部屋中に充満してしまったままになってしまうからです。どうしても普段のこまめなお掃除が難しい場合は、お掃除ロボットの購入を検討されてはいかがでしょうか。

ペットの毛をお掃除出来たら、さらにペットの臭いをなくす方法を考えましょう。まず、ペット自身をまめに洗ってあげることが大事です。ペットも生き物ですから、人間と同じく体臭があります。ペットの種類などによっては、まめなシャワーが難しい場合もあります。そんな時は、ベッドをまめに洗ってあげたり、消臭グッズを活用することで解決できる場合があります。ただし、消臭効果を前面に押し出しているフードは危険が潜んでいる可能性もあります。よく成分表示をチェックし、自己責任のもとで与えましょう。

1番効果が高いと思われる方法の1つに、空気清浄機、または脱臭器を設置するというものがあります。ペット臭だけではなく、生活臭にも効果がありますし、花粉やPM2.5、そしてホコリ対策にも役立ちます。我が家も脱臭機と空気清浄機でリビングの消臭を行なっています。

ペットも家族の一員です。部屋が臭いということは、ペット自身も感じていることです。家族全員が気持ちよく毎日を過ごせるよう、しっかりと大掃除をしましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ