常にきれいにしておきたい、シンクや排水溝の大掃除

シンクの掃除は、毎日のお手入れが重要です。最近はステンレス以外に人造大理石のシンクも普及していますが、基本的に掃除方法は同じです。キッチンで最も様々な汚れが付着しやすい場所であり、1番きれいな環境にしておきたい場所でもあります。大掃除で一気にきれいにしましょう。

シンクを簡単にきれいにする方法

水垢が溜まってしまっている場合には、クエン酸を水に溶かしたクエン酸水を吹きかけ、換気扇の時と同じくパック方式で汚れを浮かします。少しそのまま放置し、スポンジで擦って汚れを取ります。

重要なのは、普段のお手入れでは手の届きにくいシンクと作業台の継ぎ目の掃除です。細かな汚れが溜まってしまい、カビが発生している場合もあります。使い古した歯ブラシで隅々まで磨きましょう。食器洗剤で落ちない場合は、クリームクレンザーなどを使用します。最後にシンクや作業台の洗剤を水や水拭きで落とし、完了です。

排水溝を簡単にきれいにする方法

実は、トイレよりも細菌が多いと言われる排水溝。毎日使う頻度は多いのですが、お手入れをするとなると面倒さが勝ってしまうのは私だけでしょうか。大掃除で徹底的にきれいにしましょう!

排水溝は小さな子どもが触ることはほぼないでしょうし、強力な洗剤を用いて大掃除してもいいのですが、お金と手間をできるだけ最小限にする方法として、身近な重曹とお酢を使った掃除方法があります。

排水溝に重曹をまんべんなく多めにふりかけ、その後、お酢を回しかけます。お酢の量は、重曹の半分くらいでしょうか。あまり多すぎると効果がなくなってしまいますので注意しつつ、目分量で結構ですので入れましょう。電子レンジで軽くあたためると、さらに効果がアップします。

重曹とお酢の反応が起きて、泡がでてきます。この泡が頑固な汚れを浮かせて取り除いてくれるのです。危険なガスが発生しているわけではありませんので、ご安心を。お子さまと一緒にやると盛り上がるかもしれません。半時間ほど放置した後、お湯で洗い流せば完了です。

できれば最後に、魔法のひと手間をプラスします。ほんのちょっとしたことなのに、すごい効果を発揮します。方法は簡単。アルミホイルを丸めて排水溝の中に数個入れておくだけです。これでヌメりがとれ、臭いもなくなります。ぜひお試しを。

シンクにも排水溝にも、そして他の場所に関してもまた言えることではありますが、これらは毎日こまめにお掃除することで大掃除をする必要がなくなります。「毎回のお皿洗いの際に一緒に洗う」と言うと面倒臭いと感じるかもしれませんが、大掃除をする方が実は面倒。毎日お掃除をしていれば排水溝も清潔で、食器を洗うスポンジで洗っても大丈夫なほどきれいです。

コメントを残す

このページの先頭へ