汚れが高温でこびりついているコンロの大掃除

コンロは、主にガスコンロとIHクッキングヒーターがあり、大掃除をする方法もそれぞれ違います。

吹きこぼれてしまった時に、きちんと隅々まで掃除できていればいいのですが、そうでない場合、汚れたまま高温にさらされることで汚れがこびり付き、取れにくくなっています。でも大丈夫、ずぼら主婦代表の私でもできる簡単な大掃除方法を伝授します!

ガスコンロを簡単にきれいにする方法

ガスコンロで厄介なのは、五徳と魚焼きグリルかと思います。汚れがこびりついている場合は削り落とす必要がありますが、まず少しでも汚れを浮かせるために煮洗いします。

大きなお鍋にガスコンロの部品と、その部品がすべて浸かる程度の水を入れます。重曹を大さじ3~4杯ほど加えて火にかけます。汚れの程度にもよるのですが、30分から1時間程度みておいた方がいいでしょう。

間に魚焼きグリルの掃除をします。魚焼きグリルの部品は煮洗いできないものがありますので、気をつけるようにしてください。この場合、部品を洗剤水に30分ほどつけ置きすることで汚れを取りやすくすることができます。

ガスコンロの部品、魚焼きグリルの部品、ともに汚れが浮いて、きれいに取れるようになったかと思います。もしもまだ焦げ付きが残っている場合は、カードを使って削り落とします。昔よく使われていたテレホンカードがあればいいのですが、厚みのない薄っぺらいポイントカードでも結構です。厚みのあるポイントカードやいらなくなったクレジットカードなどでもいいのですが、曲がらないと掃除がしにくい場合があります。

IHクッキングヒーターを簡単にきれいにする方法

ガスコンロの場合は、吹きこぼれた時にすぐにきれいにしないと汚れがこびり付いてしまい大変なことになってしまいます。けれど凹凸があるために、吹きこぼれた時にすぐに拭き取ることが容易ではなく、ここが欠点でした。

そんな欠点をカバーしたのが、IHクッキングヒーターです。凹凸がない耐熱強化ガラスのプレートでできているのでお手入れが非常に簡単で、いつもきれいに保つことができます。けれど、IHクッキングヒーターも汚れを長い間放っておくと取れにくくなってしまうので注意が必要です。

大掃除で大活躍のパック法を使った方法で、ガラストップの汚れを浮かしてとります。重曹を水で溶かしてペースト状にし、気になる汚れの上に載せます。さらにラップをかぶせ、乾かないようにして数時間から半日ほど放置します。これで焦げ付いてしまった汚れも軽くふき落とすことができると思います。

もしもそれでも取れない場合は、クリームクレンザーを使います。クリームクレンザーを少量の水で溶かし、汚れたところに馴染ませます。その後、サランラップをくしゃくしゃに丸めたものでこすって汚れを落とします。まだ落ちない場合は、

アルミホイル

を同じく丸めて試してみてください。

リフォームや新築などでキッチンを新しくされる方の多くは、掃除の面での手軽さを重視してIHクッキングヒーターを選択されるようです。私もその1人で、以前よりもきれいにキッチン周りを保てているので、調理する時も気持ちがいいです。

キッチンは狭いこともあり、掃除をした結果がすぐにあらわれるので、お掃除に抵抗がある人がまずスタートするのに適した場所でもあります。主婦の城であるキッチン、大掃除しながら自分であれこれと、使い勝手を良くするにはどうしたらいいか考えてみるのも楽しいですよ。

コメントを残す

このページの先頭へ