実はこんな所にまで汚れは飛んでいる!トイレの壁と床の大掃除

トイレの掃除を言うと、まずは便器の掃除が頭に浮かぶかと思います。けれど、便器を掃除する前に、壁や床、そしてトイレに置いてあるサニタリーボックスなどの小物もきれいにすることで大掃除を効率よく進めることができます。また掃除の基本通りに上から下へときれいにしていきます。

トイレの壁・床を簡単に掃除する方法

壁や床のホコリをフローリングワイパーで軽く集め、きれいにします。次に、クエン酸水をまんべんなく吹きかけ、雑巾などで拭きあげます。トイレ用に限らず中性洗剤を使ってきれいにすることもできますが、中性洗剤の場合は洗剤成分を拭き取るために2度拭きが必要になります。

同様にトイレの窓や収納棚、トイレットペーパーホルダーやタオルホルダーがある場合は、それらもクエン酸水を活用してきれいにしていきます。最後に、トイレのドアやドアノブを拭いて終了です。高いところは飛び散りなどもありませんから、クイックルワイパーでほこりを落とすだけで充分です。

サニタリーボックスやトイレブラシを簡単に掃除する方法

キッチン掃除で換気扇を漬け置きした要領でこれらのトイレグッズもきれいにします。バケツにごみ袋を2重に重ねて敷き、ぬるま湯と漂白剤を入れます。

30分から1時間ほど漬けておき、その後洗い流して日に当てて干します。汚くなったごみ袋の水は便器に流して処理します。その他、便座マットやスリッパなども使っている場合は、それらを洗濯し、同じく日に当てって除菌と乾燥を行ないます。

トイレに戻す際、サニタリーボックスの床に重曹を敷き詰めることで消臭効果を高めることができます。アロマオイルを数滴たらしておくと、トイレ内がリラックス空間に早変わり、ちょっとした手間で一気に居心地が変わるのでおすすめです。

トイレに置くものを改めて考えてみる

あなたのおうちのトイレには、どのくらいの小物が置いてありますか?それをこまめに掃除できていますか?今回の大掃除で、そのお手入れを手間だと感じたりはしませんでしたか?

我が家はトイレにマット類を置いていませんし、サニタリーボックスも常備していません。理由は掃除が面倒だからです。掃除前に外したり移動させたりすることも、洗濯や漬け置きも、また取り付けや設置も、ずぼら主婦の私には手間に思えて仕方がありません。

もちろんその家庭に合わせてアイテムは決めればいいのですが、その際に、私のように「掃除の際の手間」を基準に考えてみることも1つの考え方かなと思います。こうした物は、気付かない間にどんどん汚れていってしまうものです。この機会に、トイレに必要なものかどうか、考えてみることはいいことだと思います。

コメントを残す

このページの先頭へ