洗濯漕クリーナーは塩酸系がいい?それとも酸素系?

洗面台のお掃除が終わったら、次は洗濯機をきれいにしましょう。見た目はきれいでも、洗濯槽に汚れている場合が多く、掃除を長い間行なっていないとカビが付着していることもあります。

と、その前に、洗濯槽を掃除する際に使う洗剤のことを少しお話させてください。

洗剤は、塩素系?酸素系?どちらがおすすめ?

さて、まず気になるのが、洗濯槽をお掃除する際に使う洗剤は、塩素系がいいのか、酸素系がいいのかということです。塩素系洗剤は、洗濯槽を錆びさせてしまうともいいますが・・・。

結論としては、どちらの洗剤でも効果はあります。ただし、塩素系洗剤の方が洗浄力は強く、確かに長時間放置しすぎると錆びを招きます。そして酸素系洗剤はおだやかな効き目となるため、その分、まめな掃除が必要となります。

ネットに飛び交う洗剤の情報について

ネットなどで少し調べると、酸素系洗剤の方が汚れは落ちるとか、塩素系洗剤は環境にものすごく悪いといった、少し間違った解釈の情報も見受けられます。

実は、酸素系洗剤を使うと、洗濯槽の汚れが剥がれ落ちたまま分解されずに水に浮かびます。そのため、たくさんの汚れが一気に取れた!と勘違いしてしまいやすいのですが、実は塩素系洗剤は汚れを分解して除去しているだけなのです。

また、塩素系洗剤は洗浄力が強いため環境に優しいとは言えないまでも、そこまで環境を破壊するほどの汚水を作り出すわけではありません。頻度もそれほど頻繁でないですし、家庭用の洗濯機の分量なのですから、環境破壊につながるというのは、大げさなように思えてしまいます。

というわけで、汚れをすっきりきれいに落としたいという場合には塩素系洗剤、頻繁に掃除ができるという場合には酸素系洗剤を使用されてみてはいかがでしょう。これはあくまでも私の考えですので、気になる方は、ぜひご自身で洗剤の違いや汚水について、お調べください。ご納得のうえでお選びいただきたいと思います。

お肌のことを考えて・・・の落とし穴

「お肌のことを考えるなら塩素系洗剤よりも酸素系洗剤」という情報を見かけますが、これも正解とは言えないと私は考えます。

確かに塩素系洗剤の方がマイルドではありますが、汚れやカビの除去にマイルドさは必要なのでしょうか?まず、カビの除去にマイルドさは不要だと思いますし、果たして洗濯槽の洗剤が、そこまで残ってしまうのか疑問です。

私は、汚れやカビが落ち切らず、洗濯の際に衣服やタオルについてしまい、それを身に着ける方が良くないと思います。アトピーやアレルギーが悪化することも充分考えられるからです。

繰り返しになりますが、何を重視されるのかを考えて洗剤を選んでいただきたいと思います。見えにくい場所であり、他の個所とは違い洗剤に関するネット情報に偏りが見られたため、このようなことを書かせていただきました。

コメントを残す

このページの先頭へ