1日がスタートする場所、洗面所の洗面台の大掃除

洗面所は1日の初めに必ず足を踏み入れる場所です。
気持ちよく身支度を整え「さあ、今日も頑張るぞ!」と家族全員が元気になれるよう、常にきれいに保っておきたい場所の1つです。

洗面台の鏡を簡単にきれいにする方法

クエン酸を吹きかけ、10分ほどそのまま放置します。クエン酸はこういったお風呂場の掃除に威力を発揮します。大いに活用しましょう。

汚れが落ちるのを待っている間に、他の場所を掃除してもいいでしょう。決して広くない洗面所ですが、水回りのものが集まっていて物も多いので、掃除すべきところがたくさんあるはずです。

時間がたったら、汚れの落ち具合を見ます。細かい部分などは汚れが残っている場合もありますので、古くなった歯ブラシできれいにしましょう。最後に水拭きをして汚れを取り除き、マイクロファイバーで水気を拭き取れば終了です。

鏡の後ろや横の棚を簡単にきれいにする方法

棚の中を同じくクエン酸とマイクロファイバーで拭き取っていきましょう。棚に小物入れがあり、外せる場合はすべて外します。

この棚の中で1番厄介なのが「歯ブラシ立て」ではないかと思われます。特に下の水受けには歯ブラシから伝った水でカルシウムが固まってしまっていることが多いです。

そんな時は、クエン酸を振りかけ、できれば少し温かいお湯を注いで、しばらくクエン酸水に浸けておきます。これで汚れが少し浮いてきて、簡単に落とせるようになるはずです。最後は乾拭きをして仕上げましょう。

排水溝を簡単にきれいにする方法

排水溝用の洗剤が販売されており、それを使えば、時間を置くと髪の毛も汚れも溶けてきれいになります。

ただ、もっとエコに環境に優しくお掃除したいと思われる方は、重曹やクエン酸を使ったお掃除もできます。

重曹2カップ半を排水溝に振りかけ、その上にクエン酸小さじ1を溶かしたクエン酸をさらに振りかけます。2つが反応して泡が発生しますので、その間は何もせずに待ちましょう。使い古した歯ブラシで汚れをこすり落とせば、もうスッキリきれいですよ。

この方法を使って掃除をした日は、塩素系漂白剤の掃除は控えましょう。重曹と塩素系漂白剤を混ぜると危険だからです。

洗面ボウルを簡単にきれいにする方法

日頃使っている歯磨き粉やハンドソープに加え、カルシウムがこびりついてしまった水垢など、洗面ボウルはとても汚れています。クエン酸をスプレーし、スポンジできれいにしていきましょう。

オーバーフロー(水の量を調節するためにあいた穴)も忘れず、古くなった歯ブラシなどを使って掃除しましょう。仕上げに残った水滴をマイクロファイバーで拭き取れば、完璧です。

洗面所の掃除の最後は、床掃除です。リビングの床と同様の掃除方法できれいにしましょう。きれいになる秘密は洗面所から!スッキリすると気持ちがいいですね。

コメントを残す

このページの先頭へ