面倒そうで、実は簡単!リビングの窓、カーテンの大掃除

リビングがせっかくきれいになっても、明るい太陽の光が部屋に入ってこなくてはスッキリしません。大掃除では、窓もきれいにしましょう。

カーテンレールを簡単に掃除する方法

掃除は上から下に、というお話はしました。窓をきれいにする前に、カーテンレールも一緒に掃除してしまいましょう。割り箸に濡らしたボロ布やティッシュなどを巻きつけ、輪ゴムで端を2か所止めます。止め方は適当でOK、ほどけないようなら完璧です。それで、隙間などに入ったホコリをかき出すのです。

割り箸を1本にすると、さらに細かい部分のホコリまでとることができます。手を伸ばすのがちょっと大変ですが、これもエクササイズ!窓掃除とカーテンはすぐに済みますから、カーテンを洗っている間にぱぱっと終わらせてしまいましょう。

窓を簡単に掃除する方法

窓は、普段そのまま捨ててしまいがちな、ある物を使って掃除するとビックリしてしまうほど簡単にきれいに磨き上げることができます。その物とは、新聞紙です。

新聞の印刷に使われているインクが洗剤変わりとなって、汚れがおもしろいほど落ちていきます。使い方は簡単、新聞紙を適当に丸め、水に濡らして窓ガラスを拭き、仕上げにさっときれいな布で水を拭きとるだけです。余計な道具も必要ありません。面倒だなあと考えている間に終わってしまいます。

網戸を簡単に掃除する方法

まず、網戸のホコリをある程度取るために、フローリングワイパーを使います。フローリングとありますが、フローリング以外にも天井や壁、網戸を含め様々なところに使うことができます。

あればウエットシートを使用し、なければ普通のシートに重曹液を吹きかけて湿らせ、網戸を内側からいろんな角度に拭きます。力を入れる必要はまったくありません。

大きなホコリがとれたら網戸を外し、薄めた洗剤にしばらくつけておいて、水で洗い流すだけです。そのまま網戸に戻せば自然に乾くので、どこかに干しておく必要もありません。

カーテンを簡単に大掃除する方法

最初に大事なチェックをします。カーテンの素材を確認するのです。カーテンに使われている布の種類によっては、洗濯ができないものもあるので、タグでマークを見て判断します。

洗濯機で洗っても大丈夫な素材の場合は、家で簡単に掃除できます。取り外したカーテンをたたんで、洗濯ネットに入れ、洗濯機のドライマークコース(または手洗いコース)で洗います。

できれば脱水も軽めに終え、網戸の網と同様、元のカーテンレールに戻します。朝に洗濯機に回すと、夕方には太陽の光と風で乾いていますので、これもまたベランダを占領せずに乾かすことができて手間も省け、まさに一石二鳥です。ずぼら主婦の私はいつもこの方法です。シワもできず何よりもラクなので、この方法以外は考えられません!

窓のレールを簡単に大掃除する方法

窓のレールに溜まっているホコリもきれいにしましょう。レール部分はとても入り組んでいて、隅にまでホコリがたまっている場合が多いので、面倒そうに見えますが、1つのアイテムできれいに掃除できます。

大活躍してくれるアイテムとは、スポンジです。スポンジにさいの目状の切り込みを入れて、レールを端から端まで拭きあげます。すると、するっとホコリがとれます。もしも頑固な汚れがある場合は。使わなくなった歯ブラシやクオカード、お店のポイントカードなんかが良い仕事をしてくれます。

最後にペットボトルやコップ水を入れ、細かなホコリを洗い流せばOKです。気になるようであれば、汚れてもいい布で拭き上げてください。

普段それほど掃除する機会がない網戸、あまり汚れているように見えないカーテン、どちらも砂埃やたばこのヤニなどで実はかなり汚れています。今年の汚れとはさよならして新年を迎えましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ